大手の引越し業者と地元の業者ではどちらがいいか?

引越し業者の会社規模は、全国展開をしている大手から個人経営の小さな業者までさまざまです。

引っ越しをする際の業者選びで、大手がいいのか地元の業者がいいのかで悩む人も多いことでしょう。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、一概にどちらがいいとはいえないのですが、それぞれの特徴を理解したうえで、自分に一番マッチした業者を選ぶことが大切になります。

引っ越しをしようと思ったときに、まず頭に浮かぶのがテレビCMなどでおなじみの大手の業者です。

サカイ引越センターやアート引越センターなどの名前は、誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう。

そういった大手引越し業者の一番のメリットは、安心感にあるといえるでしょう。

大手の業者にとって、適当な仕事をすることによって自社の評判が悪くしてしまうことは一番避けたいところです。

そのため、社員教育や顧客最優先のサービスの向上に力を入れている業者が多いのが特徴です。

オプションサービスも実にさまざまで、エアコンの脱着、荷造り、ハウスクリーニング、不用品の処分や買取りなど、引っ越しに関するあらゆるサービスを提供しています。

こういったオプションをフルに活用することで、自分自身はまったく何もする必要がないといっていいくらい業者がすべての作業をやってくれます。

そんな安心感があってオプションサービスも至れり尽くせりの大手引越し業者ですが、残念ながらデメリットもあります。

それは、料金が髙めであるという点です。

会社の規模が大きくなれば当然ながら経費がたくさんかかりますし、テレビCMなどの広告費もかかっています。

そういった経費の部分が見積もり金額に反映されてしまうのは、仕方のないところです。

一方で、地元の中小の引越し業者の場合は、大手とはまったく正反対のことがいえます。

大手にくらべてそれほど経費がかからないために、料金は安めになる傾向があります。

その分、信用度では大手には及ばないというデメリットがあります。

特に、モグリ業者と呼ばれている「白ナンバー」で営業している違法業者には注意が必要です。

どれほど見積もり金額が魅力的であったとしても、あとあとのトラブルを考えて、信用の出来ない業者に引っ越しを依頼するのは避けた方が無難です。

また、地元の業者の場合、引っ越し専門というわけではなく、一般的な運送業と掛け持ちしていることも多いので、オプションサービスに関してもあまり期待はできません。

基本的には、中小の引越し業者には荷物の搬入搬出と運搬のみを依頼すると考えておいた方がいいでしょう。