引越し業者に追加料金を請求されるのはどんなとき?

引越し業者が仕事を請け負うときには、基本的に事前に見積もりを提出して、その金額にお互いが納得した上で契約をすることになります。

引越し業者は、契約をした以上は、その金額で仕事をやり遂げなければなりません

思った以上に手間がかかりすぎてしまってあまり利益がでないこともあるかも知れませんし、逆に簡単に終わってしまって儲かってしまうこともあるかも知れません。

いずれにしましても「あまり儲からなかったからもう少しお金をくれ」とか「儲かりすぎちゃったからお金を少し返します」といったことには、本来はならないはずなのです。

それが、請負契約と呼ばれる仕事の形態なのです。

しかし、現実的には引越し業者から追加料金を取られてしまうケースはあるのです。

もちろん、「業者のスタッフの手際が悪くて思ったより時間がかかってしまったから、追加でお金をください」などといった理不尽なことは言ってきません。

追加料金が発生するのは、あくまでも契約時に確認した内容と異なっていた場合のみということになります。

たとえば、荷造りは引越し当日までに自分たちでやることになっていたはずなのに、当日までに終わらなかった場合などです。

当日にトラックで訪問しても、荷造りが終わるまで引越し業者のスタッフは荷物を積み込むことができずに待ちぼうけをくらってしまいます。

仕方なく、業者のスタッフたちが荷造りを手伝ったりすることになりますが、もともとそういった仕事は見積もりに含まれていませんので、追加料金を請求されても文句はいえないということになります。

また、しっかりした引越し業者であれば、見積書と一緒に「家財チェックリスト」というものを提出してきます。

その家財チェックリストに書かれているものをすべて運ぶ料金が、見積書に書かれている料金ということになるわけです。

しかし、依頼主がその家財チェックリストをよく確認していなくて、大型の家具などがリストから抜けていたりした場合には、追加で料金を請求される可能性があります。

もちろん、当日用意したトラックでなんとか積みきれる荷物であれば、サービスで追加料金なしで運んでくれる場合もあります。

ところが、その大型家具がトラックに積みきれなかったり、当日来たスタッフの人数だけでは運べないようなものであった場合には、間違いなく追加料金を取られることになります。

そういったことがないように、引越し業者と契約をするときには、ただ見積もりの金額を確認するだけではなく、必ず見積もりの根拠となっている家財チェックリストも確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です